恋愛本にはモテるためのノウハウがいろいろと書かれています。
でも、恋愛本を読んでもなかなかモテないと悩んでいませんか?
いろんなノウハウを学んでも、一向にモテないのはつらいですよね。
このページでは、ノウハウを学ぶ以前の、モテるモテないを左右する、
決定的な事実をお話しします。
このページは、ぜひ最後まで読んでください。

 

モテる男性になるために、最も注意してほしいこと

恋愛本のマニュアルは、書いてあること自体は、
基本的にはまともなことが書かれていると思うんです。

 

なるほどたしかにねと、このページを読んでくださってるあなたも
思うのではないですか。

 

でもなかなか結果が出ない。
それどころか、学べば学ぶほど、あれこれ考えすぎて、
逆に思い切りが失われて、
本来の自分を見失ってはしないかと、
思っていませんか。

 

もしそうだったら、あなたの直感は
当たっているんですよ。

 

それは、恋愛ノウハウを学ぶ以前の問題だと思うのです。

 

モテる男性は、恋愛ノウハウなんて学ばなくてもそれなりにモテてるし、
モテない男性はいろいろとノウハウを学んでもモテるようにならない。

 

そんな風に感じていると思うのですが、
この両者には決定的な違いがあると思うのです。

 

モテている男性は、女性と接するときの優先順位を、
「女性に好かれたい」
が一番には来ていないんです。
もちろん女性に好かれたいのは確かなんです。

 

だから、女性が喜ぶようにあれこれとしてくれますが、
だからと言って、女性の顔色を窺ってオロオロしたりは
しませんよね。

 

一方、モテない男性は、
「女性に好かれたい」が先に先に立つので、
上目づかいで女性の顔色伺いで、
自分の意見よりも先に女性の意見を気にしたり、
要するに、
「自分がない」んですね。

 

これでは、たとえどんなノウハウを学んでも、
女性からすると魅力がないんですよね。

 

これは、好きではない女性のことは、
それなりに落とせるけど、
好きになってしまった女性には
全然落とせないという状態が
これに当てはまっている気がします。

 

これって、意中の女性でなければ、
それなりに自分を表現して、
自分の考えを前面に出していながら、
意中の女性の前では、
顔色伺いで、
自分のポリシーや考えより、
女性の考えを優先してるんですよね。

 

これはいただけません。

 

女性に好かれることばっかりに神経がいってしまったら、
女性にはモテませんよ。

 

ちょっとややこしいんですが、
女性に好かれようとしない男性が
女性に好かれ、
女性に好かれようとする男性が、
女性に好かれないんですよね。

 

女性の心情を読み取って、
女性がしてほしいことをして、
してほしくないことは慎む。
これは、人間としても人と付き合う上でも
絶対に配慮を忘れてはいけないと思うんです。

 

でも、女性の顔色を窺って、
自分のワールドを壊してはいけません。

 

女性は、頼りがいがある男性が好きなのです。
学生の時に、がさつなヤンキーがそれなりにモテましたよね。
クラスのリーダー、部活のリーダーもモテたでしょう。

 

一方で、性格がとてもいいのに、
女子には意識されない男子もたくさんいたでしょう。

 

学生の時って、特に自分の考えをストレートに表しますよね。
これが、女性がいかに頼りがいがある男性に惹かれているのかを
如実に表しています。

 

これが、性格に難があっても、周りに恐れられたり、
影響力を持っているヤンキーやグループのリーダーが
付き合ってみる前の段階ではモテる理由です。

 

これって、本能ですよね。
男性は、狩猟をして食べ物を持って帰り、
家族のピンチの時には、腕力で家族を守ります。
こうやって先祖代々生きてきて、
女性が頼りがいがある男性を求めてきたわけです。

 

だから、女性は、
男性に対し、腕っぷしであったり、
グループを率いる力であったり、
強い信念であったり、
こういった頼りがいを非常に重要視するんだと思います。

 

だから、男性のみなさんは、
女性の顔色を上目づかいで見てるようなやり方は、
極力取らないでください。

 

自分の信念を見失ずに、
自分のワールドを大切にしていることが、
モテる男性の共通点です。

 

こういった、自分のワールドや主張を大切にしながら、
折り合いをつけて、女性を大切に扱う。
こういうスタンスで恋愛ノウハウを学ぶなら、
学べば学ぶほど良い結果が生まれてくるはずです。

 

ここを押さえておかないと、
いくら恋愛ノウハウを仕入れようが、
学んでも学んでもモテるようにはならないと思いますよ。

 

女性に好かれることをプライオリティ1位においてしまうと、
自分の主張を引っ込めて、
少しでも嫌われる恐れがあることを避けるようになります。

 

そして、自分のワールドを展開することもなく、
会話を女性にゆだねるっていうか、
女性に質問ばかりして、自分のことを話さなくなってきます。

 

自分を押さえて、当たり障りのない会話ばかりになって、
「自分のワールドがどんどん壊れていく」会話になっていきます。

 

こうなってくると、男性は、
華やオーラが消え失せて、魅力が消失してしまうんです。

 

これが、好きな女性を振り向かせることができない、
男性のパターンじゃないですか?

 

このあたりを押さえているかどうかで、
これからのモテ度がずいぶん変わってくると思いますよ。
根本的なところだと思うので、絶対注意してください。