それでは、私の体験談で恐縮なのですが、キャバクラ時代、全然イケメンじゃない、
むしろブサイクなお客様と出会った話をしますね。

 

彼は、若いけど三宅裕司似の(笑)
あんまりイケてない感じのルックスだったんですが、
女性に対して意識過剰で
苦手意識が強いといった第一印象でした。
この方、学生時代も、まったくもってモテなかったそうです。

 

こののち、このモテないムードの彼が、まさか私の心を奪っていくとは、このときは思いもしませんでした。

 

さあ、この話を読み進めることで、女性が苦手でモテないあなたに、モテていただきましょう。

 

ハッキリ言って、私にとって完全に恋愛対象から外れていました

こういう感じの彼でしたので、
私にとっては完全に恋愛対象外でした。
その彼が私に一目ぼれに近い状態で、
一気にお店の常連さんになっていったのです。

 

週末は毎回来てくれるようになりました。
週末だけではなく、平日も、
時間がある時は寄っていってくれるように。
頻繁にお店に顔をだしてくれるようになったんです。

 

お店に来てくれるのは嬉しいのですが、
キャバクラの女の子、みんなが思っていることは
あんまりしょっちゅうお店に来られると、本当はうざい、って思うんです。

 

それはそうですよね。
お客様が一方的に熱を上げて熱心に通ってくる。
お金が絡んでいるので嬉しく思いますが、
恋愛としてみたら、どんどん気持ちは引いていってしまうのです。

 

全くの恋愛対象外だった彼のアプローチ法

ですが、彼の場合、
お店に長居しなかったので、
頻繁に来られるうざさはあまり感じませんでした。
しかも、良くお金のないお客様がやりがちで、
絶対キャバ嬢に嫌われるやり方が、
閉店間際に来店し、
女の子をアフターに連れだそうとするお客様。

 

正直、こういうお客様本当に多いんですが、
女の子の方も常連になってくれるかも、と思って、
人気のないキャバ嬢はよくついていってしまうんですけど。

 

彼はそういう事もなく、
割と早い時間でやってきて、ささっと帰ってしまうのです。
私も、もうちょっと居てくれても良いのに、
と思うぐらいささっと帰るんですね。

 

そういう彼のお店での態度に、
私は一気に警戒心がなくなっていったのです。

 

はっきり言って、彼は私にとって完全に恋愛対象ではなかったのですが、
恋愛関係の話は全くしてこないし、
私の事が大好きなのはわかっていたんですが、
友達の状態を崩してこないので、すっかり安心しきっていました。

 

彼は、グイグイ来ないと言うか、
私が返答に困るような事は、絶対しなかったので、
一緒にいて大変楽だったのを覚えています。
それに、誘い方も、絶対来てくれ、とかいう感じじゃなく、
暇だったら、とか、友達連れて来なよ、とか、
こちらが誘いに乗りやすい環境を作ってくれました。

 

あえて二人っきりにならないようにしてるのか、
お店に飲みにくる時も、だいたい友人と訪れて、
プライベートで遊びに行く時も友人を連れてくるのです。

 

その当時は、気が付かなかったけど、
彼は、女性の地雷を全然踏まない男性だったのです。
そんな男性っていませんから、
よほど、女性について研究したんではないでしょうか。

 

モテるには、お金と顔って良く言いますけど、
世の中には、顔が良くなくてもモテるというか、
お金とかも関係なく、女性の方から手放したくなくなってしまう
男性って存在するんだな、と思います。

 

しかも、それは天性のもの、というより、
努力と相手に対する優しさでそういう男性になれるんだと思います。
その彼は、学生時代も全然モテなかったそうです。

 

全くの恋愛対象外だった彼のアプローチ法・その2

よくある会話のパターンですが、

 

「あーあそこのパスタっておいしいよねー」
「うんうん。それに安いよねー。ここ今度から行きつけにしようかな」
「そっか。他においしいお店って知ってる?」

 

男性 → 店 ← 女性

 

会話のネタを「お店」にして会話しますよね。

 

ほかにも、

 

男性 → 趣味 ← 女性

 

男性 → 出身地 ← 女性

 

男性 → 仕事 ← 女性

 

といった会話の仕方ですよね。

 

ところが彼は、

 

彼 ⇔ 私

 

の方向性の会話をポーンと入れてくるのです。

 

【彼】「急に腕がしびれたので、おつまみを、あーんで食べさせて」
【私】「急にしびれるわけないでしょ(笑)」
【彼】「いや、今、タバコのニコチンが腕に」
【私】「やだー。自分で食べてよ」

 

というように、男女の感情のぶつかり具合が

 

彼 ⇔ 私

 

のやり取りなんです。絶妙なバランスで

 

彼 ⇔ 私

 

の方向性の会話を入れてくるわけです。

 

モテる雰囲気は全くありませんでしたし、
面白いことも言えない人でしたが、
彼が私をいじり、私も時折いじり返しといった会話をするようになっていきました。

 

そのうち、昼間のお互いが休みの時、
遊びに行ったりする仲になっていきました。
そうして、いつのまにか私は、まんまと彼に心を奪われていたのでした・・・

 

まとめ

どちらかと言えば、真面目に女性と付き合うために、必要なコミュニケーションスキルを彼は磨いてきたのだとと思います。

 

一見、多少強引なことをしたり、おもしろおかしく話したりといったキャラがモテるように思うかもしれません。実際、彼は、強引に女性を口説くといったことが性格的に合わなかったようです。

 

でも、私から言わせれば、女性にモテるためにはそんなことをする必要はないと思います。実際、彼は、私の感情に寄り添って自然に距離を縮めていく方法を取ってきました。

 

ここまでお読みいただいたあなたに、こっそりとお知らせします。実は、このように、世の中には女性が苦手で話せないあなたでも、無理なく女性を落とせる方法があります。

 

これらのテクニックを身に着ければ、

 

クリスマスイブの夜、寒くて凍えそうな中、彼女はあなたに腕を絡ませ寄り添ってくるでしょう。あなたの心臓はバクバク!

 

そのとき、彼女の躰からは、甘い香りがして、温もりが伝わってくるでしょう。そして、そのままホテルに入っていく・・・

 

そんなことが可能になります。

 

 


「90日でブサイクがかわいい女を落とす方法」の公式サイトはこちら »

 

《追伸》 そろそろ公開終了になるかもしれませんので、今すぐ、クリックしてください。

 

 

喜びの声

【今まで近づくことができなかった高嶺の花と付き合うことができました】(京都府  小山 様  34歳)

実は最初にメールサポートで
相談した彼女と先日つきあい始めることができました^^

信じられないくらい早くつきあうまで
仲良く慣れたのも『90日で…』で教わった数々の知識のおかげでした。

・最初からメールを送りまくらない
・何かを教えてもらう
・早い段階で「ちゃん」付けをはずす
・恋の話を振る

そういったことを忠実に守って
電話番号を初めて聞いたのは実は大晦日だったのですが、
電話をする上でも要点は分かっていたので自信を持って望めました。

・恋愛話を聞く
・過去の話を聞く
・愚痴を聞く

話していて明らかに相手が楽しいと思ってくれている
どんどん心を開いてくれるというのが分かるんです。毎
日電話して本当に急速に距離が近くなりました。

彼女に告白したのですが、でももう、うまくいく自信はありました。
告白するまでに段階を踏むというのも分かっていたので、

・「デートみたいでいいよね」と話を振ってみたり
・手をつないで反応をうかがってみたり

もう後はかなりすっ飛ばしてしまいましたが
まさに「つきあおっか?」の一言でOKをもらえました。

1年前の自分なら
高嶺の花と近づくこともできなかったであろう相手です。
もう感激です。本当に本当にありがとうございます。
『90日で…』にはどれだけ感謝してもしつくせないです。

 

【来年に結婚が決まりました】(静岡県  浜田 様  33歳)

実は、来年に結婚することが決まりました!

しかし『90日で…』の情報は、ただたんに女性をゲットするという枠を超えて
人間関係改善まで本当に幅広く使えると思いますので
ぜひ今後とも読ませて頂きたいです。

なお、今の婚約者ですが、『90日で…』パワーによる所が非常に大きいです。

会社の上司の名前を聞け、相手の下の名前で呼べ、
メールより、電話、電話より直接会う、相手の過去の恋愛話を聞け、
という具体的なアドバイスを通して、相手との心理的な距離を
一気に縮める事ができたと思います。

本当に感謝しています!ありがとうございます!!!
今後とも、ますますのご活躍を期待しております。

 

【女の子から告白されました!】(香川県  中川 様  21歳)

『90日で…』は本当にすごい効果でした!!

『90日で…』を購入して早1年、
かなりおいしい思いをすることができました(^_^)

購入させていただく前は相手の女の子を意識しすぎてしまい、
全くダメダメだった私が、女の子と仲良くなり、
それからデートでも友達と話してるように
会話を楽しもうとするようにしたら、
びっくりするぐらいデートがうまくいくようになりました!!

そしてある女の子は何回かデートしたら、
なんと告白されてしまいまた!!

女の子から告白されたのは中学校以来でびっくりしました。

ちなみにそのことは別れてしまいましたが(笑)

そして今、まだ出会ったばかりですが好きな子ができました。

今回の子は私の「好き」という感情が先走りをしてしまいそうで
怖いです!

 

【女の子からのメールの数が相当増えました!】(宮城県  佐藤 様  29歳)

2人お付き合いした女性がいて、女性との交流もたまにはあり
浅い女友達もいました。

ただ、本当にもてている事とはほど遠い気がしていて、
もっとモテたいなあと思っていました。

そして、いまひとつ女の子というものを理解しきれないでいました。

そんな時に検索エンジンでモテる方法のサイトを探していたら、
『90日で…』のサイトを発見、メルマガを申し込み
PDFも激安だったので即買いました。

そして、読めばよむほどなるほど!と思いました。

今までの私はメールを送る頻度やメールの内容までは
考えていなかったことに気がつきました。

現在、最も威力を発揮しているのは『90日で…』流・メール術です。

ストライクゾーンから外れていなくても2週間に1回
しかも女の子が○○○○○にピンポイントに
しかも○○○○○どうなった?と質問系でメールします。

そうすると恐るべき返信率です。

私はこのメール術だけでも
相当女の子からメールが来るようになりました。

追いかけられると逃げたくなるといった心理を頭において
女の子と接すると女の子を追いかけたくなっても自制心が働き
追いかけなくなりました。

追いかけない方が女の子からこちらにやってくるような気がします。

不思議なものですね。

リスクを回避するという『90日で…』の教えに助けられています。

また、最近どんなかわいい子に対しても
以前は高嶺の花だと思っていた女の子に対しても自信がつき
かわいい子とも自然に話ができるようになり
ガソリンスタンドの店員のかわいい子、
デパートの洋服売り場のかわいい子
ネットカフェの受付のかわいい子とも自然に会話できました。

そして、最近女の子がちょっとしたことですが
向こうから話しかけてくるような気がします。

『90日で…』のPDFを読んでいるうちにモテ体質になり
体からそういう雰囲気がでるようになったのでしょうか?(笑)

いずれにしましても
まだ食事やデートをしていませんので
そういう事ができるように精進します。

あと、『90日で…』のPDFは他の恋愛系メルマガや雑誌にはない
本当の実践型のノウハウばかりで感激です

他のメルマガや本を読みましたが
最初から容姿が良い人や女性が書いたようなもので
あてにならないものばかりでした。

女性は特に、男性から声をかけられる立場なので
声をかける側の男性の気持ちが
わかっていない人が多く、メルマガも今ひとつのものが多いです。