女性は、いつも、男性のどこを見ているのでしょうか?そして、どのような印象を抱くのでしょう。今回は、女性が気になる、男性の部分をご紹介していきたいと思います。女性の視線を先回りして対策を取っておけば、きっとそれ程悪い印象にはならないでしょう。誰でも対策の取れる6つの項目をご紹介します。

 

ぜひ、モテの、参考にして下さいね。

 

1.肘から指先

腕フェチな女性は凄く多いです。肘から指先にかけるゴツゴツとたくましい感じや、太い血管は女性にないものです。血管フェチな女性も少なくありません。男性は、上腕二頭筋を意識して、見せたがりますが、女性は力こぶなんて、全然興味ありません。

 

デートには、七分袖の服や、軽く腕捲りした格好がベストです。汚れた爪や、伸びた爪は絶対にNGです。できれば、指輪なんかもはじめてのデートなんかには着けない方が無難です。何故なら、アクセサリーは好き嫌いが激しいからです。

 

最初に嫌われてしまっては、もともこもないので、最初は着けて行かない方が良いでしょう。同じ意味で、ピアス、ネックレスもやめておきましょう。そのかわり、腕時計はちょっと良いものを着けてください。あんまり高い腕時計は、女性が引いちゃいますので気をつけて。

 

2.髪の毛

女性は、観察眼がするどく、髪型や、髪の毛の質も良くみています。髪の毛の質が痛んでいるのに、長めの髪型はNGです。根元が黒いのに、明るすぎる髪色もNG。髪が傷んでいる、とか、ワックスつけすぎ、とか、思った以上に女性は髪型みているので、髪の痛みなんかわからないくらいの短髪にするのが無難そうです。

 

女性は、男性を減点方式でみていきます(ここが男性と違いますよね。男性は加点方式ですから)。女性は守る性の性質上、常に男性を選ばない理由を探しているのです。

 

3.肌質

女性は自分の肌も気になりますが、それ以上に他人の肌質にも非常によくみている生き物です。体質もあるので、頑張っても肌が綺麗にならない事も多いですが、最低限のケアはしておきましょう。

 

あなたの毛穴、見られていますよ。毛穴が黒くならないよう、ケアをおこたらないで下さいね。

 

4.足元

くるぶしから、靴の先まで、ちょっとした時に、女性はよくみています。靴下の趣味が悪いと言って男性を振る女性もいるぐらいです(男性じゃあり得ない理由ですよね。下着の趣味が悪いと言って女性を振った話は聞きませんから)。

 

靴下の柄が派手すぎではないか、靴は汚れていないか、ちゃんと確認しておいて下さい。汚ない高い靴をはいている男性より、安くても綺麗な靴をはいている男性の方が好まれます。同じ靴を履き続けているところをみられていますよ。最低でも普段履く靴、3足は用意してローテーションしてください。

 

5.匂い

この項目は視線ではありませんが、非常に重要な男選びのファクターとなっていますので、紹介したいと思います。女性は、男性の匂いに非常に敏感です。男性の匂いで、相手を選んでいる、という説があるくらいです。

 

男性は、皮脂線が発達していて、油っぽい臭いをだします。匂いに鈍感な男性が多いので、男性の方には自覚症状はありません。

 

ですが、女性は常に匂いを気にしています。匂いを消そうとして香水、コロンなどをつけてるのはやめてください。逆に体臭を際立たせる事になります。消臭効果のあるタイプの柔軟剤を使用しましょう。好感度が上がります。

 

汗は、制汗剤を使うより、濡れたタオルなどで汗を拭いた方が臭い撃退には効果的です。臭いは、特に自分の匂いには気付き辛いので、常に意識していって下さい。

 

6.歯、口元

口元は、実は物凄く目にとまる場所です。口元が汚ないと、とたんに不潔にみえてしまいます。普段、特に痛みがなければ歯医者などには行かない人も多いと思いますが、歯の色素沈着は自分が思った以上に目立つものです。

 

虫歯がなくても、歯医者に通って定期的にクリーニングしてください。髭をはやしている人もいるかもしれませんが、髭は、これも、大きく意見の別れるところです。生やさない方が無難です。清潔感がある方が好感が持てます。

 

唇は荒れてはいませんか?あまりにも荒れているようなら、一度皮膚科に行くのも良いかと思います。唇が荒れていると、どうしても不健康な印象を与えてしまいます。恋人にわざわざ不健康そうな人を選ぶ人はいません。口元を意識するだけで清潔感がアップします。是非実行して下さい。

 

まとめ

女性は男性と目線が違うところがわかっていただけたかと思います。男性は、女性の部分をみることはあっても、それだけでは、判断しない人が多いのですが、女性は、男性を部分で捉えて、常に細かいところまで視線を走らせています。

 

思った以上に女性の男性を判断する視線は厳しいものになり、その部分が、あたかも人格を表しているかのように推察します。

 

今回挙げた6つの項目は、誰でも気を付けることができるものです。ですが、全然意識していない男性が多いのも事実です。こういう処に気を付けていって、他の男性との差をつけてください。