こういった恋愛指南のコラムを書いているのは、私を含め、30代後半以上です。もちろん、それぐらいの年齢でないと、恋愛は経験足ですから説得力のある文章は書けません。20代前半の結婚も経験していない人の恋愛コラムでは説得力に欠けるものがあります。

 

ですが、時代は刻刻と変化していきます。30代の独身が増えているので、恋愛事情は年の差の恋愛などは、本当に珍しい事ではなくなってきました。男性と女性の年の差が10歳以上は現在となって珍しい事ではなくなってきたのです。

 

そんな中、こういったコラムでの恋愛指南をみていると、いささか古臭さを感じずにはいられません。仕事ができる男性がモテる、というのは定番ですが、実際は、あまり仕事をしない(仕事については時間に余裕がある)若い男性の結婚の方が断然多いのです。同じ年代の共働きの若い夫婦が増えています。

 

それとは逆に、仕事に一生懸命で、仕事に忙しい男性の方が婚期を逃しているような気がします。実際世の中はそうなのではないでしょうか。お金がある程度ないと社会人はモテない、良い奥さんをもらえない、と社会にある意味洗脳されている若者がいかに多いことでしょう。

 

ですが実際は、時間に余裕のある、仕事にそれほど一生懸命でもない男性の方が結婚を決めていくのです。

 

もちろん出会いの関係もあるのでしょうが、若い女性、いえ、現在、独身の女性の求めている男性像は、ただひたすら家族のために一生懸命働く男性ではないのではないでしょうか。

 

今までのモテる男性はもう古い

仕事ができて、イケメンで、年収が高くて・・そういう男性がモテるのは周知の事実ですが、実際、年収が高い仕事に就ける、例えば年収500万以上の男性は、世論調査で、30%しかいません。そのなかで独身の男性ははたして何%いるのでしょうか。

 

頑張って、貯蓄していく方法もありますが、現在の会社員の給料は年々抑えれれています。それは会社の利益が、株主の配当金へ優先的にまわされる制度になっているので、しょうがない事ではあります。この年収を頑張っても高くできない世の中の現状で、賢い女性はもう気づいているのです。

 

専業主婦では成り立っていけない、という事実を。

 

ではどうするか。自分を磨いて、年収の高い男性と結婚できるよう頑張るか、それとも、年収に関係ない、気の合った異性と結婚し、共働きを選ぶか、2者択一となります。ある程度気に入った職種についている女性は、気を使って、専業主婦になるくらいなら、気の使わない男性と結婚し今まで通り仕事を続けていった方が良いと考えるのではないでしょうか。

 

事実、共働きの夫婦は2016年で50%を超えているのです。世論調査ですので、なかには定年退職した年配の夫婦も数値に入っている事考えるとつまり、若い世代の夫婦は半数以上が共働き、ということになります。

 

若い世代での離婚

若い世代、特に子供が生まれてからすぐに離婚するケースが大変増えていると聞きます。理由は、夫が家事育児をしない、という理由です。子供が生まれると仕事も制限され、家事もなかなか思うようにはかどりません。

 

なので、夫に協力を要請するのですが、協力してくれない、または、協力できない(仕事や、本当に家事能力がなくて)という男性が多いのだそうです。この話もあちこちの新聞やニュースで取り上げられているので、知っている方も多いかと思います。

 

これからのモテる男性

もちろん、仕事がバリバリできる優秀な男性はいままで通りモテるかとは思います。そういう男性を好きな女性はまだまだ沢山います。

 

ですが、仕事に一生懸命な女性はそうではありません。こちらの仕事をバリバリこなす独身のキャリアウーマンの枠は年々増えています。このコラムを読んでいるの男性が、年収500万未満の方であるならば、これからモテるために身に着ける必要不可欠なスキルは家事能力であるといえます。

 

ズバリ家事能力のある男が真にモテる男

若い世代の結婚で、芸能人の方々をみても、男性が普通に家事能力が高いです。家事能力が高くない場合は、大体子供が生まれると別れてしまうのですが。

 

つまり、離婚したりしたくない場合は、家事能力を磨く必要があるのです。専業主婦になりたい、働きたくない、と言っている女性、たとえ家事能力が高くても魅力的にみえるでしょうか。それと反対のことです。

 

仕事はするけど、家事育児、一切やりたくない、といっている男性は女性からみても魅力的には見えないのです。もし、このコラムを読んでいるかたが、家事が得意でないならば、今からでも家事ができるようになった方が、恋愛の勝ち組となれる可能性が高いです。

 

料理ができる男性が増えていますが、実は女性は後片付けをしてくれる男性を求めています。料理ができるようになるだけではなく、後片付けもできるようになりましょう。掃除もできるほうが良いです。ですが、あまりきれい好きだと、女性が引いてしまうことも。過剰にならないよう心がけて掃除しましょう。

 

そして、こういうことができる、というアピールも大切です。外食ばかりでなく、お弁当を自分で作って持っていくのも良いでしょう。

 

家事は本来ならば、一人ひとりできるのが当たり前のことです。家事能力を身に着けて、損はありません。ただし、能力的には、複数の作業を同時に進行させなくてはいけない家事労働は男性には不利です。(脳科学的に不利なのだそうです)

 

ですが、女性より家事が得意な男性も存在しますので、ぜひ頑張って、真のモテる男を目指していただきたいと思います。