モテる男性とモテない男性の違いはどこにあるでしょうか。一見してわかるような、外見的特徴は抜きます。世の中のはもの凄いイケメンも少数派ですが、もの凄い不細工も少数派です。

 

大半はどちらともいえない、といえると思います。

 

今回はモテない男性は何故モテないのか、そこに焦点をあててお話していきたいと思います。

 

女性は会話を重要視している

まず、モテない男性の大半、いや、100パーセントと言っていいでしょう。話をするのが得意ではありません。会話が下手です。話すのが不得意ならば、聞き上手か、というと、聞くのも全然だめです。女性と会話が成り立たない男性が100パーセントです。

 

え、そんなことない?

 

もし、女性が楽しいと思える会話ができる男性であれば、モテないはずはありません。会話ができている、と感じている人は、確かに会話としては成立しているでしょうが、本当に女性が楽しいと思ってくれている会話でしょうか。

 

女性はコミュニケーションを取るのが男性よりも上手です。ですので、全然つまらない会話でも笑って的確な相槌を打つことができます。

 

果たして、あなたの話を喜んで聞いてくれているでしょうか?あなたばかり話をしてはいませんか?

 

会話ができる、できないは、彼女が、いる、いないにかかわらず、本当に重要な事です。

 

いない方は、このまま彼女ができないでしょうし、いる方は、今後、関係を継続するのは難しいでしょう。

 

会話は、他人と、コミュニケーションを取るほとんど唯一の手段です。会話以外で自分の事を知ってもらうのは、なかなか難しいものがあります。

 

ここで、勘違いしないでいただきたいのですが、会話ができる人=よくしゃべる人ではありません。物静かで、あまり喋らない人でモテる人は存在します。そういう方は、聞き上手に徹しているのです。会話も、的確な相槌で、成立します。

 

むしろ、よくしゃべる人よりモテるかも知れません。

 

女性で話が嫌いな人なんていない

男性は、しゃべるのが、嫌い、同性でも、あんまりしゃべらない、という人はいます。

 

ですが、女性は、そんな人は稀です。他愛ない話でも、言葉にだして、気持ちを共感しあいたい生き物なのです。これは、脳科学でも良く言われて来ている事です。女性は、共感できる事で、相手に親しみを持ちます。女性の話に共感できていますか?モテない男性は、ほとんど、女性の話に共感できない、または、共感している事を上手く表せない人達です。

 

確かに、女性の話の大半は、他人が聞いたら全然面白くない話です。他愛もなく、どうでも良い話のように感じます。

 

ですが、そういった話にこそ、相槌を打ち、共感を示すことが重要となります。女性は、自分の他愛ない話を微笑んで、よく聞いてくれる人に男女問わず好感を持ちます。
女性の話をまずは、聞くように心がけて下さい。

 

具体的にどのように話をすれば良いのか

女性の話を聞く、というのがわかったからといって、もし、女性から話しかけてくるのを待つばかりなら、現状はなにも改善されません。話を聞いてくれる人をいつでも女性は探していますが、誰にでも話をしたいわけではありません。信頼できる人、信用している人、を探しているのです。信頼できる、信用できる、話をしてみないとわかりませんが、少なくとも、自分に興味がなさそうな人に他愛もない話をしてくれる女性はあまりいません。

 

ですので、積極的に自分から話かけに行ってください。どんな事で話をかければ良いかわからない、会話の苦手な人は口をそろえて言いそうです。一番、話をするきっかけをつくるのは、天気の話です。自然で、あまり知らない人に天気の話題で話かけられても、嫌な気持ちになる人はほどんどいません。

 

暑いですね。寒いですね。暑いの得意ですか?寒いの得意ですか?

 

こういった話から始めましょう。いきなり意中の若い女性に話かけず、まずは、年配の女性、話しかけやすい女性と話していきましょう。

 

女性と話をしている時、体はどちらを向いていますか?モテる男性、いわゆる、ヒモと呼ばれる男性や、カリスマホストの共通点は、話す相手に体ごと向ける、ということです。顔だけでなく、体も向ける事によって、体全体で、相手の話を聞くよ、聞いているよ、という合図になります。ちょっと慣れないと恥ずかしいかもしれませんが、意識してやってみましょう。自然と相手と話が盛り上がったりしますよ。

 

的確な相槌を打ちましょう

会話で、うんうん、とうなずくだけでは、女性はちゃんと話を聞いていてくれているのか不安になります。相槌は、同じ言葉を重複して使うと、途端に聞いていない、というサインになってしまいます。ですので、いろいろなバリエーションを持って、相槌を打ちましょう。

 

うんうん、そうか、それで? すごいね、それから?自分の感想を少しいれて、その後、疑問形で投げかける相槌を打つと、話をしている方は聞いてもらってくれているような気持ちになります。使える相槌を一回箇条書きにしてみると、意識して使用できるようになります。

 

女性がいっぱい話をしてくれるような話題を振りましょう

モテる男性は、女性が話をしやすい環境作りが本当に上手です。いきなり、内面のことなど話をしてくれないので、話をしてくれやすい話題を振って、沢山しゃべってもらい、信頼関係を築きましょう。

 

話題のスィーツや、近場で美味しいお店。食べ物の話題が、天気と並んで、ライトで、話題に出しやすく、女性が簡単に盛り上がりやすい話題ですので、積極的に女性に美味しいランチのお店など聞きましょう。

 

実際、具体的な店名など出た場合は、携帯などにお店の名前などメモを取りましょう。話をしてくれた人の目の前で行ってください。(とても重要です)真剣に人の話を聞く人に思われます。早く打ち解けたい場合は、相談、と言って話をするとよいでしょう。

 

内容は、父の誕生日なので、なにかプレゼントか食事、と思っているが、なにが良いか、で相談してください。父親でなければ、兄弟姉妹でも構いませんが、母親だと、マザコンと誤解されかねません。注意してください。

 

会話の最中、してはいけない事

相手の話を否定する

ライトな内容にかかわらず、本当にそうかな、とか、美味しいランチのお店を聞いておいて、イタリアン嫌いなんだよね、とか言ってしまう人、ナチュラルに沢山います。まずは、いろいろ言いたかったりするのでしょうが、ちょっと抑えて、共感する事に集中してください。

携帯を見る

これも、本当に沢山いらっしゃいます。自分の話に興味ないのかと思ってしまいます。

相槌が単調、または、話の間で間をあける。または、声が被る

結局は会話のリズムを乱す方は話をしていても楽しくない、という事です。相槌はバリエーション豊かにして、話と話の間に変に間をつくらず、声が被らないように気をつけましょう。

 

 

 

いかがでしたか。当たり前のようでいて、多くの男性ができていない事です。会話を意識して変えていくだけで、女性の対応が全然違うものになっていきます。しゃべり上手ではなく、聞き上手を目指して女性から一目置かれる存在になりたいですね。