「モテる男は一人の相手に固執しない」(複数の彼女候補がいるなどのため、心に余裕があるといった意味です)

 

今回はこのようなテーマで恋愛について、お話していきます。

 

最後までご一読お願いいたします。

 

ここで一人の相手に固執しないということはどういうことか

一途だ、というのは、とても素敵な響きに聞こえます。

 

ですが、本当に一途な人はモテているのでしょうか。

 

例えば、恋人同士になって、両想い同士であれば、一途に思いあうのは大変良いことです。男性が浮気しない、というのが凄く女性にとっては嬉しいことです。

 

ですが、女性は男性を選ぶ段階で、浮気しない、という条件を挙げる人は非常に少ないです。

 

なぜなら、浮気しない、というのは、付き合う時の当たり前の条件なのです。浮気しない男性を条件にあげる人は、浮気をされたことがある人だけなのです。付き合うとき、男性を選ぶときは、浮気するのでは、と考えたりはしないのです。

 

そして女性は浮気ができない男性が好きなのではなく、浮気をしない男性が好きなのです。一途に一人の人を思っている人は、浮気しない男性ではなく、浮気できない男性に見えます。一途に一人の人を思っているよりも、いろいろな女性との恋愛の可能性の幅を広げていく方が、恋愛の成功率もあがりますし、実際に女性からみると、余裕があるようにみえて、恋愛に困っていないようにみえるのです。

 

恋愛に困っていないように見える男性は、魅力的にみえます。

 

本当は、彼女がいないだけなのに、あえて、作らないのではないか、と錯覚します。単なる浮気男と違うように感じるのです。

 

一人の相手に固執しないというと、浮気男なんじゃないか、という風に思われる方もいらっしゃるかと思います。ですが、そうではなく、付き合う前の段階で、恋愛の出会いの幅をひろげる、という事なのです。

 

一途な男性がモテない理由

  • もともとストライクゾーンが狭く、女性をみる視野も狭いため、身近にいる女性の良さに気づかない。恋愛に発展する可能性を自ら狭めている。
  •  

  • 好きな女性にフラれてしまったら、恋がすぐに終わってしまい、しかもダメージが大きいため、なかなか次に行けない。
  •  

  • すぐに次に行けないということが分かっているため、告白もなかなかできず、なにも始まらない。
  •  

  • 好きな女性に一途だとわかってもらうために、他の女性とはあまりしゃべらず、親切にもしない。
  •  

  • 男性が一途だと、女性の方からも、重くて誘いにくい。
  •  

  • 一途な男性に好かれてしまうと、返事も気楽にできないので、早い段階で断ってしまう。
  •  

  • そもそも重そうなので、重そうな男性に好かれると、あとあと面倒なため、女性のほうも好かれようとしないので、女性に日常で冷たくされてしまう。優しくしてくれるのは年配の女性のみ。
  •  

  • ストーカーの起こす事件が多いため、ちょっとしたことで、ストーカー扱いされてしまい、怖がって誰も近寄ってこなくなってしまう。

 

複数の彼女候補がいる男性の場合。

・もともとストライクゾーンが広く、女性に対して寛容であるため、女性も一緒にいて気が楽。女性が心をひらきやすいので、結果、告白の成功率があがる。

 

・身近にいる女性の良さにもすぐ気が付く事ができるため、常に、出会いが、恋愛として「あり」と思える状況が作れる。結果、恋愛の可能性が広がる。

 

・好きな女性に、たとえフラれてしまっても、身近に出会いがあるため、ダメージが少ない。

 

・極端な言い方をすると、すべての女性が恋愛候補になりうるため、どんな女性にも親切。

 

・どんな女性とも気楽に話せるので、女性との会話に慣れやすい。

 

・いろんな女性としゃべるため、女性とのコミュニケーションを取るのが上達し、結果、意中の女性との告白の成功率が上がる。

 

・重い感じがしないので、女性からも気楽に誘いやすい。

 

恋愛は経験が豊富だと、結局、意中の人とうまくいく可能性が高くなるので、時間を惜しんで、女性とコミュニケーションを取る努力をしなければいけません。

 

練習のつもりで付き合った女性と上手くいき、それが本当の恋愛に変わる場合も実際にあります。

 

どんなに意中の素敵な人と付き合えたとしても、恋愛自体上手くいかなければ、不幸せな結果となってしまいます。たとえ、最初はあまり好きな相手でなかったとしても、相手の女性とうまく行く、そのこと自体が恋愛の勝利者といえるのです。

 

そもそも上手くいくかどうかは付き合ってみないとわからないので、いろんな人と付き合ってみて(ある程度の時間)上手くいくかどうか試さなくてはならない、恋愛の性質上、好きになれる人の絶対数が少ないと、恋愛が上手くいく可能性をも低くしてしまいます。

 

実際に複数の彼女候補を作るには

まず、考え方を直さなければなりません。

 

一途である、ということは決して長所ではありません。(ですが、一途でない、ということを公然と言うのは、=浮気を平気でする、とれられかねません。そこは注意が必要です。)

 

自分の一途さが長所である、と思っている方がいたら、それは考え方を改めましょう。

 

恋愛の本当の目的を知ってください。恋愛の本当の目的は、異性と付き合って、末永く上手く行くこと・行かせること、です。

 

好きな相手を振り向かせる事でもなければ、好きな相手と付き合う事ではないのです。

 

女性と上手く行く・行かせる事を前提に、付き合う相手を考えてみれば、おのずと、それほど理想は高くなくなるはずです。一人の人に固執しなくても良い事に気が付きます。

 

モテる男性、モテる女性に好きなタイプを聞くと、大抵、優しい人、と漠然な答えしか返ってきません。自分の好みに固執してしまっては、寄ってくる相手も寄ってこない、とわかっているのです。自分の好みに固執しないでください。

 

視野を広げて、いろいろな女性と、まずはコミュニケーションをとることから始めましょう。

 

本当の恋

本当に恋をすると、好きな相手の人のことしか考えられなくなりますし、他の人間のことを考えられなくなります。他の人に目をむけろ、なんて言われても目を向けることさえできないかもしれません。

 

相手の事を考えると胸が苦しくなり、自分の気持ちを分かってもらいたくなります。

 

ですが、ちょっと待ってください。自分の気持ちを分かってもらう、その考えそのものが、押しつけにはならないでしょうか。

 

相手の気持ちも考えず、自分の気持ちを分かってほしい。そのことは、気持ちの押しつけになります。押し付けられた方は、良くも悪くも負担になってしまうのです。

 

恋愛を成就させようと思ったら、まずは相手の気持ちにたって考えることが必要なのです。相手の気持ちになってみるのは簡単なことではありません。冷静な気持ちにならないと、相手の気持ちにはなれないのです。

 

ですので、広い視野をもち、常に冷静になれるよう、そのためにも、一人の女性に固執せず、いろいろな女性とコミュニケーションをとることが非常に重要になってくるのです。