こんにちは。

 

今回もモテる男はどういう男か、というお話をしていきたいと思います。

 

テーマは、「がっつくのは遠回り。モテる男は余裕を持って女性を口説く」です。

 

どういう事でしょうか。モテたい男性必見の役に立つ情報をお届けします。

 

順を追って説明していきたいと思いますので、最後までご一読いただけたら幸いです。

 

 

何故、誘っても断られてしまうのか。

積極性がないといつまでもモテない、というのは誰もがわかっていることかとは思います。

 

なので、積極的になれば、少しはモテるのではないか、と女性を口説く、または、そこまで行かなくても女性を食事に誘ってみるなど、していらっしゃる方、多いと思います。

 

上手くいけば良いですが、すべての方、とは言わないまでも、大抵の方が食事、もしくはデートを誘うと断られてしまう、といってお悩みではありませんか?

 

何故、誘っても断られてしまうのか?

 

何故でしょうか。好きではないから。それでは身も蓋もありません。

 

もちろんなのですが、好きになってもらうために時間を持とうと思っても、それでは全然始まりませんね。

 

女性はどうして断るのでしょう。

 

好きではない、タイプじゃない、そういうのは当たり前ですが、もしかしたら、好きになるかもしれません。

 

でも、なぜ断るのでしょうか。

 

好きになれなかったとき、断るのが重い。

 

女性はこの思いが一番にあります。

 

好きになれるかどうかわからないけど、もし好きになれなかった場合、たとえ友達として仲良くする事ができても、異性として、恋愛感情で好かれていると思うと、なかなか気を使ってしまって友達にすらなれません。

 

しかし、男性は告白しているわけではなく食事に誘っているだけなのに、なぜでしょうか?

 

どうして異性として好意があると見透かされてしまうのでしょう。

 

あたりまえなのでは、という意見も聞かれそうですが、特に美男子ではないのに色々な女性と食事に行く方もいらっしゃいます。

 

その方は何故断られないのでしょうか?

 

 

余裕のある男性とは

余裕のある男性は、色々な女性と食事だけをされているのではないでしょうか。

 

そしてモテる男性は、どんな女性に対しても態度を変える、ということをしません。

 

美人だから、可愛いから、逆に、不美人だから、若くないから、そんな理由で女性と話す態度を変えないのです。

 

女性と話す事が上手でなくとも、態度が悪くないのです。

 

そんな男性は、女性からみて、余裕があるように見えます。

 

そんな方からの誘いなら、誰もが誘いに乗りやすいと思います。

 

その男性は女性からみたら、すべての女性がターゲットになりえると見えます。

 

ですが、いろいろな女性と仲が良いので、簡単に恋に落ちないのではないか、と錯覚します。

 

すべての女性に態度が良い、というのは、八方美人で、印象が悪いのでは、と思いがちですが、実は女性は、あからさまに好意を持たれるのは嫌ですが、かといって完全に圏外扱いをされるのを非常に嫌がります。

 

大切なポイントなので覚えておいてほしいのですが、女性はどんな女性も、たとえ男性らしい見た目でも、年配でも、既婚者であっても、異性が好きな女性ならば、女性扱いしない男性は嫌いなのです。

 

矛盾しているのですが、なんとも思っていない男性からあからさまに好意を抱かれるのは嫌悪感を覚えるのですが、かといって全然女性扱いされない、圏外扱いされるのも大嫌いな生き物なのです。

 

難しいですね。

 

女性は、どんな女性にも平等に優しく、気軽に話ができる男性を魅力的だと感じ、かつ余裕があると思うのです。

 

 

対して余裕のない男性とは

食事に誘う段階で断られる方は、食事を好意のある女性しか誘わないのではないでしょうか。

 

普段から、女性と話をせず、突然誘ってはいませんか?

 

しかもちゃんとしたレストランへの、夜の食事の誘いなら、誰もがしり込みしてしまいます。

 

余裕のない男性はいろいろな女性と話をしないのではないでしょうか。

 

特定の女性だけと話をしたり、圏外の女性には冷たかったり、そのような事していませんか?

 

そもそも女性と普段から雑談していますか?

 

あんまり話をしないのに、食事に誘ってこられると、誘われる女性は怖くなって逃げだしたくなってしまいます。

 

普段から特定の女性だけでなく、いろいろな女性とコミュニケーションをとれるようにしましょう。

 

 

余裕がないとがっついているように見える。

話し方が不自然で、がっついている、と女性が男性をそのように感じてしまうと、好きか、嫌いかを判断する前に、怖い、といった恐怖感が出てきてしまいます。

 

恐怖感が出てきてしまうと、相手にどうやって断るか、断る事ばかりを考えてしまうようになります。

 

そして、がっついている男性をみると、女性は、そのような男性を、特定の女性が好きなのではなく、女性そのものが好きなのだ、そう思ってしまいがちです。

 

つまり、男性側がいくら相手の女性を思っていても、気持ちが伝わらないのです。

 

女性の方は、がっついている男性からのアプローチでは、せっかく男性側から選ばれているにもかかわらず、選ばれたことに自信が持てず、隙をみせたから好意を持たれたのだ、と大変否定的な考えになってしまうのです。

 

ここが、男性と女性の思考回路が違うところなのです。

 

男性はどんな女性でも女性のほうから誘ってもらえたなら、女性に誘ってもらった事実そのものが勲章になりますが、女性は、がっついているような男性に誘われたら、自分が隙をみせるような、安い行動をとってしまったからだ、と否定的に思ってしまうのです。自分に魅力があるからだ、とは思わないのです。

 

この点も男性からみたら非常に理解できない心理かもしれません。

 

どんな男でも、モテたら嬉しいのではないか、自慢なのではないかと、そう思うでしょう。

 

女性は違うのです。意中にない、しかも、いかにもモテなさそうな男に好意を持たれる、告白されるのは自慢にすらならないのです。

 

高嶺の花、という言葉があります。もし、自分が高嶺の花であるならば、モテない男がよってくるわけがない、そう思ってしまうのです。

 

男性は、女性にアプローチするときには、

 

いかに自分が優良物件であること。

モテるまで行かなくても、女性に対して困ってはいないこと。

アプローチする女性は他の不特定多数の仲のいい女性とは違うということ。

自分にとっては高嶺の花であること。

 

これらをアピールしないといけないのです。

 

 

モテない男性が余裕を持てるようになる具体的な方法

とにかく、食事すらできない段階ですので、もし、身近で、既婚者の年配の女性が職場にいるならば、まずは、その年配の女性と仲良くなり、みんなでランチに行かないか提案してみてはいかがでしょうか。

 

入ってみたいお店があるのだが、男性1人では行きにくい、一緒に数人の女性と一緒に行ってみたい、とそういう相談をされると良いでしょう。独身の若い女性だと警戒されるので、既婚のだいぶ年配の方が良いでしょう。

 

もしかしたら、恋愛の相談に乗ってもらえるかもしれません。

 

ランチで数人で色々なお店に行く事ができたら、女性と食事に行くこと自体がそもそも特別なものでなくなってきます。

 

男性のほうにも余裕が生まれてるのではないでしょうか。

 

食事に誘って、OKをもらうという事に目標をおいてしまいますと、誘われる女性の方もプレッシャーを感じてしまいます。

 

まずは、昼、いろいろな女性と複数人で食事に行かれる事をおすすめします。

 

普段、女性と話をしない方も、この方法なら、気軽に女性と話ができる機会が自然と増え、女性と話す機会が増えれば、しゃべり方も自然になるでしょうし、年配の女性にもアドバイスをいただきやすいと思いますよ。

 

余裕を持つには、まずは、異性の友人から、と言いたいところですが、異性の友人を持つのは、実は恋人を持つより、非常に難しいので、異性の知り合いぐらいで良いのいで、すごく仲良くなる必要はありません、雑談できるような異性の知り合いを作りましょう。

 

1人ではなく数人と雑談ができるようになると良いですね。

 

きっとそのころには、少しは心に余裕ができるのではないでしょうか。