こんにちは。いかがお過ごしですか。

 

今回は、女性に人気のある、バカな話ができる男に焦点をあててお話していきたいと思います。バカな話?そんなので女性にモテるのか?と疑問があるかと思います。ですが、何故、バカな話をするとモテるのか、モテるバカ話とは何なのか、を、ご紹介していきますので、最後までご一読ください。

 

バカ話をすると本当にもてるの?

色々な女性にどういう男性が好みかと聞くと大体あがってくる、一緒にいて楽しい人。

 

お金があっても、顔が良くても、一緒にいて楽しくなければ何の意味もありません。

 

たまにはお腹を抱えて、誰かと一緒に笑いあいたいもの。一緒に笑いあえる、できれば、男性の方から話を振ってくれると女性はありがたいですね。

 

バカ話ができない男性は、一緒にいて楽しくない印象を与えます。そればかりか、実際に一緒にいても楽しくはないでしょう。冗談が常日頃から言えない男性は日頃から冗談を言えるように努力していかなければ、女性と楽しく笑いあえることはできません。ぜひ、バカ話ができるようになって、女性との会話を楽しんでいただきたいですね。

 

モテるためにバカ話ができるようになろう。

確かに、イケメンはあまり話さないイメージですよね。バカ話などしそうもありません。

 

イケメン=話さない=バカ話しない=モテる

 

と思っていませんか。

 

バカな話をするとモテないんじゃないか、と思っていませんか。

 

話さなくてもモテる人は、凄いイケメンに限ります。

 

よほどお顔に自信のある人以外は積極的に会話ができるようになりましょう。

 

話も面白い話、決して自分だけの話をしてはいけません。

 

誰も、そんなに、相手の話に興味をもっていませんよ。

 

もし、自分の話をしたいなら、先に相手の話(とても興味なかったとしても)を聞いてから、自分の話をしましょう。自分の話は必ずオチをつけてくださいね。

 

オチのない、他人のただ長い話を聞くなんて拷問に等しいですから。

 

自分中心のオチのないつまらない話をするよりバカな話をする方がよっぽどモテますよ。

 

実は女性はバカが好き

女性は母性本能があります。子供を育てるための本能ですが、相手が異性の場合、バカっぽい感じだったりすると子供に見えてしまい、好意を抱きやすくなってしまいます。もちろん、子供過ぎて恋愛対象にならない、なんていうケースもあるでしょうが、本当にバカでない限り、四六時中バカでいられませんので、そこは考えなくて大丈夫です。1割のバカっぽさを見せて、ギャップで好きになってもらいましょう。

 

それに、行動でバカをアピールする必要はありません。むしろ頭を使って、バカ話を女性とする、ということで、楽しい時間も共有でき、かつ少年ぽさもアピールしていきましょう。

 

バカな人の方が全然よく見える、利口ぶった話し方

自分の話だけを一方的に、専門用語をちりばめ、やたらと小難しい会話をしたがる男性。あなたの周りにもいませんか。大抵高学歴なのにモテない人の典型的なパターンです。または、エリートぶって、話す相手をバカにしたような話し方をする方も嫌われます。

 

そんな話し方してませんか?自覚がないのかもしれません。ポイントとしては、相手の話を否定しないことです。そんな話し方で、つまらない自慢話を聞かされるぐらいなら、話できない人の方が良いくらいです。自分の話し方、内容を振り返って、嫌われる話し方をしてはいないか、チェックしてみましょう。

 

話して良いバカ話はこんな話

ではどんな内容のバカ話をしたらよいのでしょうか。

 

良いバカ話

ありえないことを話する。

 

もし、自分が大金持ちだったら?宝くじにあたったら?

 

サッカー選手だったら?ドラフト会議でいきなり自分の名前が呼ばれたら?

 

などありえないことを話題にして、盛り上がりましょう。

 

これ、すんごくバカっぽいんですけど、かなり盛り上がります。

 

自分がお金持ちだったら、の話では相手の価値観もわかりますしね。

 

家を買う、車を買う、なんてありきたりの話はせずに、

 

像を飼う、ライオンを飼う、または、好きなスポーツ、プロ野球チームを作る、サッカーチームを作るなんて良いですね。夢のある楽しい話をちゃんとオチをつけて考えておいてください。

 

絶対嘘だってわかる、嘘シリーズも良いですね。

 

自分、本当は、女なんだ。自分、本当は、トランプ大統領の親戚なんだ。ありえない話は広がります。常に考えておくと、いざという時にパッと出てきますよ。

 

悪いバカ話

下ネタや汚い話、ダジャレ。

 

言わなくてもわかるかもしれませんが、NGです。

 

もちろん一定数の好きな女性います。

 

でも、下ネタについてくる女性、好きですか?モテる、賢い女性ほど、自分の価値が下がる話題には食いつきません。

 

バカ話は少年ぽい、夢のある、聞いていて不快ではないもの限定で盛り上がってください。

 

いかがでしょうか?女性と会話はできるけど、イマイチ盛り上がらない、話題がない、モテにつながらない、といった方、実は多いのではないでしょうか。次のステップに「バカな話」取り入れて、ぜひ、女性との会話を盛り上げてくださいね。

 

また、女性とのコミュニケーションを鍛えるには、コミュニケーションの技術をマスターすることと、出会いを増やすことを同時進行で行っていくことが大切です。複数の女性に同時にアプローチすることで、女性とのコミュニケーションに余裕が生まれてきます。

 

また、モテる技術の習得とともに、出会いの数を増やしてトレーニングを積むことを同時進行でやっていくことが大切です。即座に出会うことができ、モテの経験値を積むためには、リンク先で紹介している出会い系サイト婚活サイトお見合いパーティーがおススメです。