モテる男の気配りを考えたことはありますか?モテる男は女性を大切に扱うことを忘れません。言葉でいくら言っても女性には響きません。女性の心に響く優しさとは見た目のやさしさです。ここでは、女性が喜ぶ気配りについて具体的に語っていきます。

 

たとえば、女性と二人で歩いているときには、車道のほうを歩いたり、ペットボトルのふたを開けてあげる、レストランでは椅子を引いてあげる、足元のあぶないシチュエーションでは手を差し伸べる、映画のチケットや電車の切符を買うときには女性を待たせておくといったことです。

 

変に気を使ったり、おろおろするのは印象ダウンです。ホテルマンのような、動きを伴うわかりやすい見た目の心配りが女性の心に響きます。逆に、内面的なやさしさは、じっくり付き合わないと女性に伝わりにくいので、このような表面上の具体的なやさしさの表現を狙っていくべきです。

 

ホテルマンのようですが、表面上の具体的なやさしさの表現にはパターンがあるので、ご紹介します。店に入ったり、電車や車には女性を先にすることも効果的です。扉があれば開けてあげることを狙うといいでしょう。高い所にあるものをとってあげるのも効果があります。食事の会計は、女性がトイレに行っている間に済ませておくのもスマートなやさしさと女性には映ります。

 

女性と会うときの準備や段取りとしては、まず、ちょっとした手土産があると、女性を大切にしているということが伝わります。また、行き先が確定していないという場合には、イニシアチブをとっていいです。率先してどんどん提案するといいでしょう。

 

また、一緒にご飯を食べに行くなら、あらかじめ予約をすることもスマートな気配りと映ります。グラスの空きに気づいたり、飲み物を用意してあげましょう。料理のとりわけや、店員さんを呼んだり、毒見薬も買って出ます。また、メニューが一つしかない場合は、女性にむけるといいでしょう。おしぼりは女性に先に渡すように店員さんにジェスチャーしてください。

 

食べる速度にも気を配りましょう。先にガンガン食べてしまうと、女性の方が気兼ねしますので、自分のペースで食べさせるように、速度を合わせます。食事の後にはデザートをすすめるといいでしょう。また、レストランでは先に座らせ、先に注文させ、先に食べさせるといいでしょう。このように、必要な時に必要な気配りでイニシアティブをとっていくと、主体的で安心できるといった好印象にもつながっていきます。

 

一緒に行動する際ですが、エスカレーターで登りは男が後、下りは男が先に乗ります。スカートの中が見えない配慮もありますし、転んだ時の配慮として、さりげないやさしさと映ります。

 

寒くないか聞いたり、おなかがすいてないか聞いたり、大丈夫なのかをシチュエーションに合わせて聞くことも、女性からすると配慮に映ります。髪型が変わった場合もすぐに気づくといいでしょう。また、女性の好みを覚えておいて、シチュエーションに合わせて「そういえば〇〇好きだよね」と言うとよいでしょう。

 

暗い夜道は先に歩き、車に乗り降りするときには、ドアを開けてあげるといいでしょう。重い荷物は持ってあげることです。寒いときはジャケットはおらせるといいでしょう。送り迎えが可能なら、家の門前まで送るといいです。

 

いずれにしましても、女性を大切に思っているということを、このような行動で具体的に示すことが大切かと思います。深い配慮というのは、自分の独りよがりの場合もありますし、なかなか相手には伝わりにくく、とりわけ女性は、具体的な行動をやさしさと認識するのは、私の経験で言えば、ほぼ100%の女性の感じ方かと思います。恩着せがましくなく、スマートにこれらの行動ができるようになると、モテる男の共通点であり、モテる男の仲間入りを果たすにための1要素を満たすことになると言えるとおもいます。