この女性ともペアーズでのマッチングからデートにこぎつけることが出来た。

生ビールが大好きという事なので、駅地下の居酒屋さんで13時に待ち合わせ。いつものごとく、女性より1時間早めに来て、トイレの場所の確認、居酒屋の予約席の場所の確認。そして何よりアウェイ感をなくすため、これをルーティーンとしている。

13時、ラインが鳴り「場所がわかりません。いま、●●にいます。ごめんなさい💦」とのこと。近くのお店の人に聞いて居酒屋の場所をお伝えした。居酒屋通りの入り口で待っていると、「ごめんなさーい」といって小走りで女性が欠けてくる。少し小柄で細見、目もかわいく、「あたり!」と思った。

「こんな素敵な方が現れて驚きました!今日はお忙しい中時間を作ってくれてありがとうございます」と女性に伝えました。表情豊かに喜びを表現しました。

居酒屋に入って予約席に座ると、「まずはビール」で乾杯。女性のほうがいろいろ話す感じではなかったので、自分の紹介や趣味など、自分の人となりを開示していきました。スポーツや釣りの楽しさなど、身振り手振りを交えて、何より自分が楽しむように心がけて話しました。

酔いも回ってきたのですが、女性はよく笑ってくれて好感触!

二時間くらいたったので、そろそろかなと思い、「店変えましょうか?」といったところ、女性も「はい!」と言ってくれました。話した感じも明るくて、印象はよかった。

店を出て二件目を探してウロウロとしていたのですが、カラオケの話になったので、「カラオケ行って飲み直しますか?」と誘ったところ「はい!」との返事。

近くにシダックスがあったので、さっと入ってまずビール。それからフライドポテトなどを頼みました。女性は自分から歌おうとしないので、私から歌うことにしました。もうひとつの土曜日、上京物語、やっぱ好きやねんなどをうたいました。

歌っている最中、女性がソファーにおいてた私の手の甲に手のひらを重ねてきました。女性と目を合わせるととろんとした感じでムードがあり、「チャンス」と思って顔を近づけました。女性も応じ、なんとカラオケボックス内でキス。二分も三分もの濃厚なキスでした。

これは行けると思い、三件目は、さっとタクシーを呼んで、「近くのそういったホテルをお願いします」と言いました。女性も無言で従い、さっとホテルに入りました。

ホテルに入って、また連続的なキス。服を脱がして下着にして、私も服を脱いで愛撫。体を重ねて、またキス。本番に突入しようとおもったところ、女性は笑って「今日は無理」というので、それ以上の深追いはできませんでした。しかし、丸裸にしてキスをしたので、次につながると判断しました。

今回は、居酒屋、カラオケボックス、ホテル代と費用が掛かったが、収穫アリでした。離婚後初めて女性を裸にしたことで慣れと自信がついた、貴重な一日でした。