女性にいい人と思われている人に緊急連絡です。いい人と思われるということは決して悪いことではないのですが、時として女性を口説くときの障害になることがあります。だから、口説きの障害にならないようにしながら、女性と接しなければいけません。それはいったいどういうことでしょうか!?

 

いい人と思われることは、ときとして男として見られなくなる恐れがある

女性がよく口にする言葉に、「いい人なんだけどねー」というフレーズがあります。このフレーズを発するとき、大概、女性はその男性を連外対象と見なしていないのが現実です。

 

関係性を崩さずに女性と接することは、人として大切なことなのですが、時として恋愛対象から外れてしまうのです。女性に、単なる人畜無害な「いい人」認定を受けて、恋愛対象外、セックスの対象とは見なされないケースです。これは厳しいですが、現実社会では往々にしてあります。

 

いくらイケメンでも、このパターンに入ってしまう場合が多々あります。

 

「いい人」はなぜモテないのかわかりますか?

 

ここで言う「いい人」は、人に対してはっきりものを言わないし、人に対して怒りを表現することもない、いやだなと内心思っていても笑顔で対応する。

 

見方を変えると、自分の意思が弱く、自分の意見を持たない、魅力に欠ける男と言えます。

 

人と仲良くやっていくことはとても大切なことです。多少の不快なことは流しながら、大目に見ながらやっていくというのは、人間関係の基礎です。多少のことに目くじらを立てていては、どのグループにいても、やがて嫌われていくでしょう。相手に敬意を払い、大切に扱い、多少のことは大目に見るというのが、人生40年生きてきた私が言える、人間関係の一番大切なポイントだと思います。

 

しかしです。自分の意思を持たないということとはまた別の話なのです。「自分としてはこう思う」というものをきちんと持っていない男性というのは、芯がない流される男として女性に認知されてしまうのです。

 

女性は古来からの本能的なものだと思うのですが、外敵が現れた時に男性が女性とその家族から外敵を打ち払い、飢えているときには食料を外から勝ち取り、そのかわりに女性は家族の世話をし、他の世帯とも強調してやっていくという役割分担があると思うのです。

 

つまり、女性の本能として、男性には自分を守ってくれる強さを求めるのです。その証拠に、学校のクラスのリーダーや部活のキャプテンというのはモテます。リーダーシップを発揮し、自分の意見を周りに反映できる男性ということを女性は感じ取るわけです。

 

その対極にいるのが、意見がなく、強さがない男性と言えるでしょう。

 

周りの意見ばかりに気を配り、人に媚びている男性には強さを感じることが出来ません。上目づかいで周りの顔色ばかりを窺う、こういった男性がモテるということはあり得ません。

 

害がなく、人の頼みは断らないし、笑顔で話を聞いてくれる。これ自体はいいことなのです。女性ができないことをスマートにさっと手を差し伸べる、これもモテる要素なのですが、意見がない弱弱しい男性に突然愛の告白をされたら、女性は引くのです。

 

「いい人」自体は決して悪いことではないのですが、自分の意見がない弱弱しい男性から言い寄られたら、女性は気持ち悪がり、距離を取ろうとするのです。また、その気がないことをはっきり伝えるのは気が引けるし言いにくいので、返事を返さずスルーするとか、そういった感じでフェイドアウトしていくのです。

 

周囲と強調することは大切ですし、協調性がない人間というのも、能力不足と見なされますが、一方で、自分の意思がなく、女性を守れない男性というのは恋愛対象から外されます。

 

自分の意思をきちんと持って、意思表示が必要な時は、控えめでいいので、ちゃんと意思表示をしましょう。この男性には強さや意志力があるのかどうなのかは、女性は本能的に目ざとく見ています。ただのいい人には男性的魅力は備わらないということを覚えておいた方がいいでしょう。