相手を好きにならずに、なかなか好きにならないことが、恋愛においては一つのテクニックなのですが、あなたは恋愛のすべをどれくらいわかっていますか?このページでは、女性に「ホレさせる」のではなく「ホレられる」を目指す方法を書いていきたいと思います。

 

「ホレさせる」のではなく「ホレられる」

恋愛テクニックはいろいろとありますが、その中でもマインドの面で押さえておきたいポイントがあります。それは、「ホレさせる」よりもむしろ「ホレられる」を狙っていくということです。

 

どうしても、自分のことを好きにさせようと思って、あれこれとアプローチをしてしまうものですが、ホレさせるというのはなかなかむつかしく、リスクを伴うのです。女性に嫌われてしまうと、会社などでも悪評が立ちますし、同じグループの女性に総スカンを食らうこともありますので、なかなか大変なのです。

 

それよりも「ホレられる」だと、そういった、攻めのリスクがなくなる訳です。会社やグループの中で、「ホレられる」を目指していく分には関係性が壊れるということがなくなる訳なんです。

 

モテない人が陥ってしまう思考パターンとして知っておきたいことをお話しします。それは、彼女がほしくて、彼女をゲットすることが第一プライオリティーといった思考回路です。

 

その女性のことしか考えられないようになってしまって、一日中その女性のことばっかり頭の中にぐるぐるしてしまい、自分のほかの大切なこともおざなりになって、彼女を手に入れることができたら、もうなにもいらないといった思考回路に陥ってしまう訳です。

 

こういう思考回路は、余裕がないので、女性から見ると、ガツガツした余裕がない男となって、「ホレられる」男として見られるのはちょっとむつかしいんですね。簡単に言うと、魅力がない、モテなくなる、ということです。

 

他のことも大切にしながら女性にアプローチを行っていく。並列的に同時進行でアプローチしているけど、だめだったらだめで、別の女性にさっさと切り替えようかな、ぐらいの余裕がある方が、女性から見た場合、余裕がある男に見えるのです。

 

リアルな事実として、女性から見て魅力的な男性だったら、何もしなくても女性の方から好きになる。自然に女性に惚れられるわけですね。漫画で言ったら課長・島耕作など、余裕のあるガツガツしてない男性なのですが、女性のほうから好きになるので、いろいろとアプローチを受ける立場です。島耕作まで行かなくても、こういったスタンスはめっちゃ大切です。

 

その女性のことしか目に入らず、その女性を何事よりも最優先といった、猪突猛進の思考回路になってしまった場合、「ホレられる男」になるのはちょっとむつかしいんですよ。

 

仮に、仕事ができて、男性としても頼りがいがある人がですよ。ある女性を好きになってしまったことで、仕事もほっぽりだすわ、ほかの人との約束もすっぽかして女性にアプローチをするわだったら、どう思いますか?

 

仕事ができて頼りがいがあるという、女性からすると選択肢に入ってくる魅力ある男性だったのに、女性に盲目になってしまった瞬間に、その魅力が霧散してしまいますよね。これはもったいないことです。こういうことにならないようにしましょうということを言っているのです。

 

本来の魅力が消失してしまっているというのはもったいないことで、自分の価値が下がってしまっていますよね。こうなることで、本来、落とすことができる女性からも、魅力がない男性として映ってしまう訳です。

 

女性を追うことに一生懸命になりすぎていると映らないようにしなければなりません。女性からアプローチを受ける魅力的な男性のほうがいいですよね。そこまでいかなくても、本来の魅力よりも自分の価値を下げてしまわないように気を付けてください。

 

だから、本来の魅力を落とさないようにしながら、恋愛テクニックをマスターして、上乗せしていくということが大切です。つまり、何より大切なのが、女性のことを優先順位第一位にしてしまうことで自分の魅力を下げることを最も恐れて、そうならないように注意していください。

 

一つは、複数の女性に同時進行でアプローチを掛けていくことは極めておすすめな方法です。狙っているものが一つだからこそ執着が出てきて余裕がなくな魅力も消失するのです。複数の女性が周りにいないのであれが、出会い系サイトや婚活サイトお見合いパーティーだと、非常にスピーディーに女性を見つけることが可能になります。

 

自分は魅力を下げていないと思っている方、メールやラインで、好きな女性に長々とした文章や、重い文章を送ったりしていませんか?「君が最高、君がいればほかの何もいらないよ」とかですね。

 

とか、まだ距離が詰まっていないのに、何度もラインを送ってしまうというのも、女性からすると重いしウザいです。こういったことも女性からすると、追われてしまって、男性の魅力が減殺されているんですよ。「いまなにしてんの?」「おはよう!今日も頑張ろうね!」などです。

 

好きでもない相手にはこういった文章は送らないですよね。本来、男性の魅力を備えている人が、結構やってしまうミスなんですよ。相手の女性を好きなった場合ですね。

 

そしてゲットできない。

 

だから、スタンスとしては、追いすぎない、変にメールやラインを送りすぎない、重くならないというのを一番注意しなければなりません。落とせる女性も落とせなくなるんですよ。本来の魅力を下げてしまうようなことで、もったいない減点をしないことです。

 

この大前提を押さえたうえで、恋愛テクニックを上乗せしていくことで、かなり変わってくると思いますよ。追いかけることなく、ホレられるを目指すにはこれが一番です。