女性とデートに成功したら、必ずゲットできます

まず、なんとかして落としたいという女性が現れた時に、まず考えるのが、二人でデートすることを第一の目標にしますよね。でも、一回目のデートまで持ち込んでも、二回目のデートを断られることで悩んでいる男性も多いですよね。

 

でも、うまくやれば、一度デートできた女性は必ずゲットすることが可能です。それには理由があります。

 

そうはいっても、一回目のデートで失敗したり、中身のなさを見抜かれたりしたら二回目につながらないよねと思いますよね。

 

何も、デートすなわち、即ゲットと言っているわけではなく、1回目のデートでいきなりゲットとはいかなくても、その後の展開で、必ずゲットすることが可能ということを言っています。

 

出会い系のような、初デートが初対面の場合は、かならずしも当てはまる訳ではないのですが、この場合においても、2回目のデートにつなげられたなら、ゲットが可能と言えます。

 

どうしてかというと、女性があなたのことを知って、デートに来てくれたということは、少なく見積もったとしても、【あなたに興味を持っている】からにほかなりません。なにしろ、興味がない男性には女性は冷たいですから。

 

興味がない男性からの誘いに女性が応じることは絶対にありません。少なくともマイナスの評価ではないです。

 

好意がある状態にもかかわらず、二回目のデートを断られるということは、好意が下がるような失敗をしてしまったからにほかなりません。

 

なので、デートまでたどり着けたのだったら、すでに何らかの好意を持ってもらっているということですから、印象を下げるような失敗をしないように注意しておけば、デートのたびに距離が狭まり、好意も高まっていくのです。

 

デートまでたどり着けたのに、そのあとゲットができない男性がもっとも注意しなければならないミスというのがあります。それは、「男と女ということを意識させない」という失敗です。男と女であるということは意識させていかないと、いきなり口説いたときにびっくりさせてしまい、ギクシャクして不自然な雰囲気になってしまうのです。

 

男と女ということを意識させておかないと、ホテルに行こう、手をつなごうといった、男と女が行う行為を持ちかけた時に、女性が引いてしまうんですね。男と女を意識させないような友達のような雰囲気で話していて、いきなり「ホテルに行こう」と持ち掛けたら、女性は引きますよね。びっくりします。

 

不自然な流れになる訳ですね。ホテルに行こうと持ち掛けるためには、その誘いが自然な流れになるようにしておかなければならないということです。流れが急に変わったり、びっくりさせると女性が引いてしまう訳です。

 

だから、会話の中に、当たり障りのないものだけではなく、男と女を意識せざるを得ないコミュニケーションを、時折投げ込んでいくことが大切なのです。手を合わせてみるといったスキンシップであったり、ご飯を食べあいっこしたり、女性としての魅力をホメるであったりです。

 

「男と女を意識させる」ということを意図的にやることです。こういうようなやり方を意図的に取りつつ、女性の地雷を踏まないように、好意を下げないようにしていけば、二回目のデートと言うのは当然可能になってきますし、会うたびに好意が高まってくるということが言えます。

 

こういった、「男と女を意識させる」という布石を意図的に打っていくことで、女性を口説いたときに、引かれないように準備を前もってしていくことが大切になってくるのです。

 

自然な流れというのはとても大切です。女性は何しろ、流れが不自然だとびっくりして引いてしまいますので、そうなったら二回目のデートも怪しくなってきます。そのために、男と女ということを意識させるアクションを意図的に放り込んでいくということが、大切な布石となってくるという訳です。

 

逆に言うと、デートまで持ち込めば、必ずゲットが可能なのです。難易度としては、失敗さえ避けて、男と女ということを意識させさえすれば自然な流れでうまくいくのです。

 

ミスしないことを優先することはとても大切なことです。10個の好意を積み重ねても、1つの好意を下げることがらによって、帳消し、もしくはマイナスイメージになります。これは人間関係全般に言えることですが、プラスの印象を狙うことよりも、マイナスの印象にならないことに最大限の注意を払うことの方が大切なのです。挽回は多大な労力が必要ということを覚えておいた方がいいです。