こんばんわ、管理人です。

 

出会い系サイトのメールやチャットには注意するポイントがあって、そこを押さえれば会話がうまく行かないからやり取りが途絶えるということは少なくできます。このページでは、出会い系サイトでのメールやチャットで、女性をとの会話を盛り上げる、楽しませる方法について書いていきます。

 

女性とのやり取りで、女性に負担を与えない頻度を探りながらメールをする

メールの頻度はなかなかむつかしいのですが、探りながら負担がないメールの頻度を考えていきます。女性によっては、短時間でメールの応酬をするのが負担な人も結構います。短時間でメールの応酬になって、だんだん反応が鈍くなってきたら、そういう女性には一日一回とか、女性からメールが来たら、その日は返さないで明日返すとかにした方がいいです。

 

あまりバンバン送ると、なんかガツガツして余裕がない男性と感じる女性もいます。女性は少なからず男性に余裕と落ち着きを求めるものです。尻尾フリフリでバンバンメールを送ると、重みがないと感じる女性もいます。メールの頻度と言うのは、女性によって好みが違いますので、探り探りつかんでいくしかないのですが、はじめのうちは、今日貰って返事を明日送るのが失点が少ないやり方だと管理人は思っています。

 

女性の好みに共感した内容にする


なにもお笑い芸人がするようなトークができなくてもいいんです。合コンなどでは話を盛り上げる男性にもっていかれてしまいますが、出会い系サイトの1対1のシチュエーションでは、テンションノリノリでなくても十分に女性に面白いと思ってもらうことが可能なんです。たとえば、女性の趣味についてプロフィール欄に書いてあったり、メッセージで女性の趣味を聞くんですね。そして、その趣味について、共感することです。

 

読書が趣味って書いてあったら、「読書がお好きなんですね。仕事が終わって家でゆっくりしているときに本を読むと、心も休めますよね。主人公の世界が味わえるって贅沢ですよね」とかでいいんですよ。大事なのは、女性の趣味や好みに対して肯定し、自分の感想を入れるということです。

 

あと、女性は性格の話も好きですよ。血液型で「こういう性格じゃないですか?」と書いてみたり、女性の性格を話題にすると喜ばれます。また、これは実際に会ってからになるかもしれませんが、恋愛話は鉄板です。「夜に二人で行きたい場所とかありますか?」とか「芸能人の誰と誰が付き合いだしたよね」とか、恋愛話は女性は大好きなんですよね。

 

特技の話もいいですよ。女性の特技を聞いて、「それってむつかしそうじゃないですか?」とか、女性の特技について聞くと、喜んで話してくれます。こういった、趣味への共感、女性の性格、女性への特技といったところを話題にすると盛り上がりやすいですよ。これはリアルの場でも一緒ですね。

 

ただ、リアルの場と出会い系のネット上での違いは、自分の話をし過ぎるよりも、文字数を女性の話への共感に割いたほうがいいですね。男性を求めている女性で占められている出会い系サイトの特色だと思うのですが、あんまり自分の話をし過ぎるより共感に文字数を割いたほうが心を許されやすいですね。リアルの場で初めて会うときは自己開示から入っていく方が警戒心を解くためにもいいのですが、出会い系サイトならではかなと思います。

 

あと、ツッコミとかイジリは、メールやチャットではきつめのものはしないほうがいいですね。表情とかその場の空気で悪意がないのがリアルの場ではわかりますが、しょせん文字のやり取りなので、女性がキツく感じてしまうケースがあるんですよ。空気とか表情がなくて、文字の情報が100%だからです。盛り上げようと思ってツッコミやイジリをしたのが、逆に印象が悪くなるのはもったいないことです。つっこみやイジリをするなら、不快感を与えないと確信してソフトにやっていくことが大切です。

 

出会い系サイトのメールやチャットを盛り上げる方法 まとめ

あと、武勇伝とかもあんまり女性は求めてないですね。そういう男性の背伸びに女性はすごく敏感ですからね。それよりも、女性の話に共感することを優先して、共感した後に「自分の時はこうでした」などと話の流れの中で自然に入れていく感じならいいですね。男性が自分を大きく見せようとするのに、女性はなぜだかすごく敏感に察知するんですよね。そして、「自信がないのかなこの人」という見方をします。

 

だから、そういった意味では、女性に共感重視なので、女性に合わせたようなメッセージのやり取りになりますね。こういうことができると、女性は「余裕がある人」「受け入れてくれる人」「大目に見てくれる心のゆったりした人」という見方をしてくれるようになります。

 

なので、面白おかしいネタもいいかもしれませんが、女性が喜ぶ会話としては、そういった共感する書き方をメインにした方がいいですね。このあたりが、合コンなどのリアルな場との違いで、おとなしめの男性が出会い系でいろんな女性と実際にデートまで持っていける理由なんだと思います。明るさや女性慣れというつかみがなくても、会話の仕方で内面を理解してくれるのが出会い系のいいところです。