こんばんわ、管理人です。

 

出会い系サイトで出会えるかどうかはプロフィール写真が大きくカギを握っています。なぜなら、女性にファーストメッセージを送った時に、女性はその男性のプロフィールを真っ先に見て、直観的に返事を返すかどうかを決めてしまうからです。

 

プロフィール写真がないということは、女性を不安な気持ちにさせるので、返信が返ってきにくくなります。性格が大事なのは事実なのですが、写真がないと、この人大丈夫かなと思われて、中身まで見てもらえません。

 

プロフィール写真を撮るときに押さえておきたいポイントを書いていきます。ここをしっかりできていれば、プロフィール写真がないことによる不安感を払しょくし、安心感を与えることができ、メールの返信率が上がります。

 

プロフィール写真の撮り方

イケメンでなくてもいいんですよ。人となりが伝わる、恋愛対象外と判定されない身ぎれいなプロフィール写真であればいいんです。

 

顔がわからない人とのやりとりを女性は不安がるんです。プロフィール写真がないということで、出会えるはずだった女性を大量に取りこぼしていることになります。反対の立場でも、写真がないというのはどんな人なのかわからないという不安感がありますよね。それで損をするんですよ。

 

表情が無表情だとよくありません。ほほえみで写って安心してもらうことが目的です。

表情はその人の内面を表しますよね。むすっとした表情だと堅物そうで暗そうな感じがするので、しぜんなほほえみで写った写真にしましょう。安心感を持ってもらえますよ。イケメンでなくても柔和なほほえみで写真に映ればプラス印象です。

 

目が笑っていることを意識して、口角を上げて、少し歯も見せるといいです。男性は、自分で笑っているつもりでも案外、第三者から見ると笑っていないものですので、大げさかなと思うレベルの笑顔を心がけてちょうどよいです。笑いすぎってことはありません。特に、口角を上げることに意識すると安心感が出る写真になりますよ。

 

服装は清潔感を出して


服装選びで大切なのは清潔感です。正装でなくてもいいです。かえって出会い系サイトの場合、堅物に映ります。カジュアルな服装でいいので、よれよれの襟元だとだらしなくなります。ポロシャツでいいので襟がきちんとしていればいいです。Tシャツでもいいですので、襟元が伸びていたりしないようなTシャツを選びます。髪型も自然でいいので、ぼさぼさだと印象が悪いです。女性は、男性のそういったところに、男性が思う以上に自然に目が行くものなので、きちっとしておきましょう。

 

あと、姿勢ですね。猫背だと印象が悪いので、猫背の写真は使わないほうがいいです。中身がいくら良くても、外見が貧相だと、対象外とみなされて中身まで見てもらえないのが現実です。

 

室内よりも屋外で撮影したほうがいいです


表情と服装をきちんとしたら、あとは撮影場所です。自分の部屋で背景が雑然としているとぱっとしないし、アクティブな感じが出ません。背景が屋外で、社交的で活発なイメージが写真から放たれます。

 

室内でも、背景がスタイリッシュだったらいいと思いますよ。整理整頓がきちんとされていて、センスがいい家具などがおいてあったらかなりいいですよね。そういうところを含めて、写真はいろんな情報が入っていますよね。ディティールにこだわるとアピールがある写真になります。

 

減点されないようにプロフィール写真を撮る

身バレの問題もあるので、目から下の写真など、できる範囲でいいと思いますが、画質が悪かったり、本人が極端に小さいのも損です。なぜかというと、サムネイル表示の時に本人がどこにいるかわからないとアイキャッチでクリックされにくくなるので不利です。

 

あと、写真の加工や修正なのですが、顔色やシミ、そばかすを消すくらいならいいのですが、目を大きくしたり輪郭を変えたりして、本人とかけ離れてしまうと、実際に会ったときに、「話が違う」となってしまうので、デート自体がなしになりかねません。それよりは、ここに書いたことを狙って、良い印象を与える写真を撮ったほうがいいです。

 

出会い系サイトのモテるプロフィール写真の撮り方 まとめ

気を付けることは、安心感を与える表情と、身なりを清潔感のある状態にしておくこと、背景ですね。この3点をきちっとしておけば、プロフィール写真で対象外と思われることはないし、写真を掲載していないことで不安感を与えているほかの男性より二歩も三歩も有利になります。

 

このあたりのポイントは現実社会でも、実に女性はよく見ていますよ。イケメンかどうかより、こういうポイントで男性としてありかなしかを判断しているんですよ。いずれにしても、写真はないよりはあったほうが女性に対して与える安心感が全然違ってくるので、まずは写真をアップするところから始めてみてはいかがですか?