こんばんわ、管理人です。

 

出会い系サイトは優良サイトを探せました。次の関門は、ファーストメールを送って返信を勝ち取ることです。出会い系サイトの第一印象はファーストメールです。女性の琴線にふれるようなメールを狙って書けるようになれば、返信率が大きく変わってきます。でも、基本を知っておけばだれでもある程度の返信率をゲットできると思います。

 

ファーストメールの書き方を磨いて返信をゲットしよう

女性は、いろんな男性から、大量にメールが送られます。だから、この中で、女性に関心を持ってもらえる、好感を持ってもらえるメールを書くことで、女性がつい返信したくなるように持っていきたいですよね。

 

①はじめまして、
(常識があるかどうかも女性は見ていますので、挨拶から入った方がいいです)

 

②横浜市に住んでいるnoriと言います。
(住んでいる場所にもそれとなく触れておきます。共通点があれば盛り込んでおくためです。共通点が多いと親近感を抱かせやすいからです。)

 

③僕も読書が好きで、平日夜の読書の時間はリラックスできていいですよね。④(^_^)⑤最近は又吉の火花にハマってしまいました。読書って、いろんな人の人生を体験できていいですよね(笑)
(女性のプロフィールを読んで、それに共感する内容を盛り込んでおくといいです。プロフィールをちゃんと読んでいるということも女性に知っておいてもらう意味も含まれます。絵文字や、(笑)といったものも文章のどこかに入れておくと柔らかい印象になっていいですよ。がちがちの真面目と思われると印象が悪くないからです。女性のプロフィールや、好きなものに対して自分の感想を書いていきます。熱っぽく書くことで、「わかってるなぁこの人!」と思われ、共感を得られることを狙っていきます。)

 

良かったら⑥裕美さんの⑦お勧め本とかあれば教えてください。⑧画像
(女性の名前を一文に一つは入れておきましょう。ハンドルネームかもしれませんけど、それでも入れましょう。自分の名前を誰でも大切に思っているので、肯定することは親近感につながります。コピペでないことの演出にもなります。また、趣味や好きなものについての質問を入れておくと、女性の得意分野なので楽に返事ができます。返信を期待することにもつなげていけます。)
(写真を添付すると印象が特別なものになりやすいです。これにもコツがあって、女性のプロフィールに書いてある趣味や特技にマッチした内容の写真を選ぶことです。目立つ上に、いいサービスになります。ハッピーメールなどは写真の添付にポイントがかかるので、みんながやらないんですよ。差別化を図るのにもってこいです。)

 

その他・出会い系でファーストメールを送る時に気をつけていること

読みやすい文章にして送ることも大切ですよ。長々と文を書き綴るのではなく、ほどほどに改行して読みやすくしてあげましょう。文章が長々と連なっていると、ちょっと神経質なイメージにもなりかねません。

 

一回のメールは、ファーストメールでもありますので、文字数は200~300字程度にしておきます。見ず知らずの人からあんまり長文でどんっと送られてくると女性は圧迫感を感じます。簡単に言うと、うざいと思います。これが仲良くなってくればまた別なのですが、ファーストメールについては、ポイントを押さえて、さっぱり爽やかにいったほうがいいです。

 

あと、初対面なので、なれなれしいと女性に感じさせて余計な不快感を与えると損です。敬語や丁寧な言葉を使った方がいいですね。常識がある人かどうかも女性は見ていると思いますよ。これが2回、3回とメールが続けば、だんだんとフランクな感じにしていけば、不快感を与えることなくてよいと思います。

 

まとめ

ファーストメールを送られた女性がチェックするのは、ファーストメールそのものの印象とプロフィールです。この両面をしっかりやっていけば返信率は上がってきます。とにかく、ファーストメールを送って返信を勝ち取るのが一つの大きなハードルなので、試行錯誤してトライ&エラーで自分なりの書き方を磨いていくといいです。

 

コピペは、半分くらいにして、あとの半分はその女性のプロフィールにマッチしたものにするといいですよ。ファーストメールは数多く送らないといけませんので、多少合理化するのはやむを得ないです。でも、そういった中で、女性にコピペだなと思われずに、好印象を得れるように気を付けることです。

 

女性のプロフィールに共感をしながら、自分の考え、体験を書いていくというのが鉄板です。 トライ&エラーでファーストメールの書き方を磨いてください。一回返事があれば、その後2回目、3回目のメールのやり取りはぐっとハードルが下がり、返事が返ってきやすくなります。だから、ファーストメールを勝負だと思って、ていねいに作成して関門を突破してください。