こんばんわ。管理人です。

 

出会い系サイトにおける女性からのメールの返信率は、無料サイトで1~2%、有料サイトで10%と言われています。出会い系サイトでのメッセージの書き方を理解しているかしていないかは、これからの出会いの数に大きくかかわります。出会い系サイトでの正しいメッセージの書き方と、そうでない書き方、その違いは下記のページで。

 

ファーストメッセージは共感を

こういうメッセージをモデルにしましょう。心がほっとさせられる優秀なメッセージです。

「こんにちは~。大学1年になったばかりの優作です。俺も去年田舎から大阪に出てきたんだけど、はじめはなんにもわからなくてね。でも、すぐに慣れるから大丈夫!楽しいことがたくさん起こるのも大阪です。よかったらメル友になろう」

 

少し相手の身になって、考えてみてからメッセージを作る。なにしろ女性にはメッセージがいろいろと来ますから、このひと手間がライバルを出し抜く秘訣です。ほとんどのライバルは、自己アピールするのに一生懸命ですから。プロフィールをよく読んで、女性の状況を理解し、共感しながら自己開示も入れていくのが女性からメッセージをもらう肝です。

 

件名もしくは最初の三行が勝負

実際のところ、出会い系サイトに登録している女性には何十・何百というメールが届くんですよ。どのメールが自分の求めている人かを判断するには、メッセージの件名に注意せざるを得ないんですよ。すなわち、男性が女性にメッセージを送るときには件名がなにより大切なんです。

 

しかし、メッセージも読みはします。しかし、流し読みか、全体をぱっと見て、自分の求めている相手ではないと思ったら2,3秒で次のメッセージに行きます。だから、メールを開いてもらったら、最初の3行で相手の心をつかむことに注意してください。女性のプロフィールに共感しながら自己開示を行ってください。もしくは、女性のメリットになるメッセージです。

 

「自分」はどんな人なのかアピール

女性と距離を詰めていくには、自己開示が大切です。女性とコミュニケーションをとるときもおんなじですが、女性は初対面の人にあれこれひつこく詮索されると尋問をされてるような嫌な気持ちがしますので、女性との距離を詰めるまでは、自己開示に努めましょう。どんな仕事をしていて、大雑把にどこに住んでいるのか、趣味は何か、年齢、体形、自分はこういったことが得意なんだといった自己アピールを書いたほうがいいです。

 

コピペメールはダメ

これは出会い系マッチングサイトを使うときの肝とも呼べる部分なのですが、メッセージをコピペしちゃだめです(笑)。女性のプロフィールを読んで、それに合ったメッセージを書いて送ることで、返信率がかなり高くなります。それはそうでしょう。コピペは自分に合ってない内容になるのでなんとなくコピペしてるのを見抜きますよ。自分のプロフィールにマッチした内容を送るのが出会い系でメッセージを送るときの肝です。

 

まずはメル友から

女性は、男性に対して余裕があるかどうかを重視します。余裕があるというのは強いということとニアイコールです。心が揺れやすい男性には女性は惹かれません。自信があるとまでは行かなくても、焦ってしまったり、メッセージ代をケチっているのを見抜かれないように注意してメッセージを送りましょう。

 

Hな会話はしない

ある程度相手の男性に好意があれば、Hな話題にも乗るかもしれませんが、そうでなければ見ず知らずの男性にHな話題をふられても女性は引くだけです。こういった話はある程度打ち解けてからのほうがリスクがありません。会えるチャンスをつぶしてしまったら元も子もありませんので、損をしないようにしましょう。

 

女性を不快にさせない

女性が不快にならないように注意してメッセージを送りましょう。好印象を積み重ねるのは時間がかかりますが、印象を台無しにするのはたった一回の発言です。出会うまでは、極力慎重に。

 

メッセージの中に、女性の名前やプロフィールの内容にふれる

一人の女性だけに熱を上げてしまっても、その必死さが女性にとっては重いものなのですが、かといって、コピペでメッセージを適当に送ってくる男性には、自分を軽視されたような気持がします。がつがつしないながらも女性に一定の敬意を払うことが女性と距離を詰めていく場合の基本スタンスです。なので、女性の名前やプロフィールにマッチした内容できちんとメッセージをすることは、女性への敬意を表すことになり好印象を与えます。

 

相手を楽しませる

これはなかなかむつかしいことだとは思うのですが、少なくとも、女性へ送るメッセージの中で、自虐的なことや、自信なさげなことは書かないことです。楽しさと逆行してしまいます。特別なトーク力は実際、女性は求めていません。女性のプロフィールに触れたり、自己開示をきちんとしたり、これは自己開示の一環なのですが、自分の体験したことを楽しくて仕方がない風に書けば、文章にあなたのテンションが乗っかりますので、つられて楽しく感じるものです。女性の性格のことなどを話題にしたり、こういうところに気を付ければ、それで十分楽しい人と思ってもらえますよ。

 

ほかにも、女性のプロフィールを読んで、好きなお店の話やファッションの話などもいいのですが、そういう話ばっかりだと、【男性→話題←女性】の構図になりますよね。距離を詰めるのには【男性⇔女性】の双方向の話題が最も効き目があるんです。ふざけたり相手を軽くいじったりする会話です。ラブラブのカップルがよくやってる会話の構図です。

 

まとめ

好印象だなと思ったところは、どんどんメッセージに書いたほうがいいかもしれないですね。実際会ってないのでお互いの人となりがわかりませんから、言葉にしないと伝わらない部分だと思います。とにかく、メッセージの書き方の肝は、女性のプロフィールをよく読んで、それに合ったメッセージを、一人一人に送ることです。相手に敬意を払うことが人間関係の基本で、男女の仲においても全く同様で、人間関係をこれから作っていくために一番大事なところだと管理人は思いますが、いかがでしょうか?