モテるには、女性に対して聞き上手でなければならないという、格言めいたものがありますよね。でも、実際のところ、あなたは女性に対して聞き上手でモテていますか?

 

女性に対して効果的な聞き方とそうでない聞き方があるように、聞くことが女性に響く場合と逆に評価を下げて避けられる場合があります。その違いは一体どこにあるのでしょうか?

 

モテる聞き方、嫌がられる聞き方

あなたは女性に対してどういう風に聞いていますか?聞くのが8割、話すのが2割とかっていう格言めいたものもありますね。しかしですよ、女性とどれくらい親しいのか、女性との距離感によっては、聞きすぎるとキモイとなりますよ。

 

例えば初対面で、どっから来たの?学校どこ?飯食べた?とか聞くと、あんまり矢継ぎ早にあれこれと根ほり葉ほり聞くと、女性としては不信感を持ちますよ。なに情報いろいろ引き出してんの?ってなります。

 

だから、知り合って間もない場合は、聞くよりも、話すのを多くしたほうがいいんです。聞いて聞いて!最近こんなことがあってね~、どうしたこうした・・・と、自分の体験談や、自分の話、自分の感じ方などをどんどん自己開示したほうがいいんです。あれこれ聞きすぎるよりは、自分の話、自分の人となりを知ってもらうほうを中心としたほうがいいです。

 

逆に、あなたが見ず知らずの初対面の人に、あんまりあれこれと自分のことを聞かれたら、なんか嫌じゃないですか?それと一緒で、知らない人に対しては警戒心があるものなので、まずは自己開示から入ったほうがいいです。そして、ある程度、自分のことを話して、相手がガードを緩めたころに、ちらちらと、相手の話を引き出すほうがいいです。

 

逆に、相手の女性と結構親しい場合で、女性がいろいろと話したい心理の時は、引き出したほうがいいんです。この距離感の場合だと、聞き上手はモテるにつながっていくんです。女性とすれば、なかなか本音で話せる相手って少ないですから、自分の本音を真剣に好意的に聞いてくれる男性がいたら、とても貴重です。距離感によって、聞くほうにウエイトを置くのか、話すほう(自己開示)にウエイトを置くのかが変わってくるんです。

 

何を考えているのかわからない人っていうのは、女性は警戒します。初対面で、どういう人かわからない場合に、自分のことをあんまりあれこれとは女性は話したがりません。つまり、男性の人となりがわかるまでは、ガードがかかってるんですね。

 

だから、まずは、何を考えているのかわからない人からワンランク昇格する必要があります。自分の人となりを知ってもらうことです。話しやすい人と話しにくい人の違いとは、女性に心を開いて話ができるか、女性に心を開けないまま話しているかの違いということもできます。

 

初対面の時期には、女性に対して心を開いた自己開示ができるかどうかが、女性の心を開けるか、そうでないかの違いとなって現れるということです。自分の気持ち、こんなことがあったといった出来事を、擬音なども交えながら、熱く、ハイテンションであったり、ようするにハートを込めて話すことが、女性の心を開くコツです。

 

めちゃくちゃ楽しそうに話してくる人と話しているときって、聞いててもなにかこちらもひきつけられて、話が面白いように感じますよね。無感情で淡々と話す人の話より、感情がこもって、ハイテンションでまくし立ててくる、「ギュイーン」「ゴゴゴー!」など、テンションマックスで話してくる相手には、なにかこっちまでつられて面白く思えてくるじゃないですか。

 

これと一緒で、男女間でも、テンションを上げて語ってこられると、話が面白く感じるんです。この要領で、自分の体験談や出来事を女性に話すことが女性への自己開示の有効打となり、親近感を持ってもらえるんです。だから、自分の体験談や出来事で、自分自身が面白くってたまらないと感じるものはストックしておいたほうがいいですね。

 

別に話の技術なんていらないですよ。自分が面白くてたまらないという風に話すことが肝なんです。これさえできれば、十分女性を惹きつけ、ガードを開けますよ。

 

そうやって、女性のガードを解いて、距離が縮まったかなと感じるようになってから、女性の話を引き出していくといいんです。女性の話を引き出すのは、女性の性格にまつわる話題がいいですよ。血液型、当てていい?B型っぽいね~とかいって、なんでかって、我が道を行くって感じだから~、とか、女性の性格にまつわる話をするといいです。

 

女性の印象を言ったり、話が膨らみやすいし、話の対象を、女性の性格に向けると、何かのテーマについて話すよりも、距離が縮まりやすいんですよ。目指すのは、「男性→テーマ←女性」といった何かのテーマについて話すのではなく、「男性⇔女性」のお互いにいじりあうような話が一番距離が縮まりやすいんですよ。

 

こういう風に、距離が縮まった段階、つまり女性が心を開き始めた段階になってから、女性の話を真剣に親身になって聞くと、これは、女性の心をつかめるんですよ。モテる男性は聞き上手と、格言のように言いますが、実際は、このようにお互いの距離感によりけりであって、距離が近い段階の前提で「モテる男性は聞き上手」の格言がハマってくるんです。これが「モテる男性は聞き上手」のメカニズムです。