モテるには、女性に対してマメでなければならないという、格言めいたものがありますよね。でも、実際のところ、あなたは女性に対してマメでモテていますか?

 

女性に対して効果的なアプローチとそうでないアプローチがるように、マメなことが女性に響く場合と響かないどころか逆に評価を下げて避けられる場合があります。その違いは一体どこにあるのでしょうか?

 

モテるマメと、モテないマメ

例えば、いままでにこういったケースを経験したことはありませんか?女性と合コンで知り合いになった。女性に対してマメでなければならないと思い、ラインの交換をした。そして、毎日毎日ラインした。

 

距離を詰めるには、とにかく接触したほうがいいし、あれこれと接触するために毎日毎日ラインをしたのだけれど、イマイチ反応がなく、しまいには、ラインの返事さえも帰ってこなくなった・・・

 

一生懸命、あの手この手と用事をつくったり、話題を考えてラインするのに、反応が薄く、芳しくない。

 

このときいったい、女性の心理はどのようになっているのでしょうか?

 

毎日連絡がくるなぁ→自分のことが好きなのかなぁ→でも、自分はぜんぜん好きではない→告白とか、デートに誘われたら困るなぁ→私には行為がないことをはっきりわからせとかないとあとあと面倒だな→連絡を返さないようにして、空気読んでくれないかな?

 

だいたい、女性から連絡が来ないパターンの時の、女性の心理はこんな感じです。あなたはこのループに入らないようにしなければなりません。

 

女性に対して好意を示したかたちになったものの、女性としてはうざいわけですね。マメなのが裏目に出ているでしょう。これが、女性が男性に対して好意を持っていない段階で、マメに接触した時の実態です。

 

一方で、マメさでうまくいくケースがあります

一方で、マメさで女性を惹きつけるケースもあります。こういった事例も、あなたの身近に起こっていると思いますが、女性がもともと男性に対して好意を持っている、付き合ってもいいかなぁ~、みたいな状態の時に、その女性にマメにするわけです。そうすると、女性に対してあれこれとマメに連絡を取ると、加速度的に距離が詰まり、付き合うことになる訳です。

 

女性に対して気遣いのラインをしたり、いろんな配慮をすることが、ぴったり女性にはまって、とんとん拍子に距離を詰めていくわけです。

 

努力が見事に実を結び、やることなすことうまくいく好ループに入っているパターンです。

 

別の例でマメを見てみましょう

自分の例に置き換えて考えてみてください。もし仮にです、あなたの家にセールスマンがやってきたとします。あなたには全然興味がない、味噌かなんかの通販業者さんが来るとします。悪い人ではなかったのですが、この味噌業者のセールスマンは、あなたのところにその後、毎日のようにメールで?がついたような返信を求めるようなものが送られてきます。

 

どうですか?

 

返信したら、ますますセールスマンがその気になってしまうと思うでしょう。売り込みを掛けられるなら、無視するという選択をしませんか?

 

一方で、仮に、あなたが気になっているゲームを販売するセールスマンが、あなたのところにやってきたとします。あなたはそのゲームに対して興味を持ったとします。このセールスマンは、その後あなたに対して、このゲームの良さを、定期的に教えてくれます。

 

あなたの質問にも丁寧に答えてくれるので、マメに対応してくれるわけです。

 

だったら、あなたはこのゲームのセールスマンに対して、マメでいい人だなぁと思いませんか?

 

マメで避けられる人と、マメで喜ばれる人の違い

これがマメで避けられる人と、マメで喜ばれる人の違いなんです。初めからあなたに対して興味や好意がある場合だと、あなたのマメさは、丁寧に親切に対応してくれてうれしいなぁと女性は感じるわけです。あなたに対して好意や興味がない場合だと、その丁寧さや親切さが、女性にとっては、求めていない連絡がどんどんきて迷惑だなぁと感じるのです。

 

やってることは一緒にもかかわらず、そのマメさが裏目に出ているわけですね。努力も気遣いも空回りどころか、しないほうがまだ評価を下げないという状態です。

 

だから、あなたが考えるべきことは、女性に対してそこまで好意を持たれているか、そうではないかの見極めです。好意を持たれていると判断したなら、どんどんマメになって、女性に細やかな配慮とフォローで接触をどんどんとっていってください。しかし、好意を持たれていないのであれば、過度なマメさはあなたの評価を下げるだけで、あなたの格を落とすだけですので、違ったアプローチをとらないといけません。違ったアプローチというのは、このホームページでいろいろと紹介をしていますし、お勧めの教材がありますので、ここでは書きません。

 

これが、モテるマメさと、モテないマメさのメカニズムなのです。これをわかっているだけでも、女性から格下認定を受けにくくなりますし、無駄に自分の評価を下げなくて済むようになります。マメな男はモテるの格言を鵜吞みにして、せっかくのチャンスを失わないようにしてください。